ハンサムな女性

大阪の風俗求人におけるお客さんとの出会い方

意外とネックになりやすいのが、まだデリヘルに慣れていないうちにお客さんの部屋を訪れるパターンです。この状態ではインターホンを推すのも緊張してしまい、本当に部屋番号があっているのか、どんなお客さんが出てくるのかなどの不安も押し寄せます。そこで、一連の流れを押さえておきましょう。
基本的にはインターホンを押して、そのまま呼ばれたことを伝えて部屋の中に入れてもらうことになりますが、お客さんの中には何らかの指定をしてくる可能性もあります。インターホンを鳴らさないでほしい、ノックにしてほしいなど、その要望に合わせて来たことを伝える必要があります。また、デリヘル嬢として来たのではなく、一友人として来たかのように伝えるとより喜ばれるかもしれません。誰でもデリヘルを利用しているとは思われたくないものです。
また、緊張で怠りがちなのが、部屋番号の確認し忘れです。耳で聞いて覚えたから大丈夫、と簡単に済ませるのではなく、不安があれば何らかのメモに記入しておきましょう。スマートフォンは常時携帯しているため、お勧めです。
お客さんとの出会い方、最初は不慣れでも徐々に慣れてくるはずです。緊張してしまうものですが、ガチガチにならないようリラックスする術を身に着けましょう。

更新情報

ニュース一覧